ドニゼッティの生地ベルガモ

ベルガモ歴史財団

ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース1

展示サロン入り口からの様子

1806年4月24日
慈善学校レツィオーニ・カリタテーヴォリ Lezioni Caritatevoli における、入学試験のマイルによる口頭試問の内容。
受験生たちの評価の中にガエターノ・ドニゼッティに関するものもある。

ベルガモの慈善協会 Congregazione di
Carità 所有
色鉛筆で描かれたアントーニオ・ゴンザレス(1764-1830)の肖像画

サンタ・マリーア・マッジョーレ教会の
オルガン奏者で、慈善学校のチェンバロの先生
ジョヴァンニ・バッティスタ・クロッタ作
ベルナルディーノ・ザネッティ所有
色鉛筆で描かれたフランチェスコ・サラーリ(1751-1828)の肖像画

慈善学校の歌の先生で、ドニゼッティの師の一人。
ジョヴァンニ・バッティスタ・クロッタ作

一覧に戻る

ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース2

展示ケース 2
許可申請書
1814年1月27日(オリジナルの手書き)

カーニヴァルのシーズンのために、ベルガモのソチエタ劇場で準主役のバッソ・ブッフォ(おどけ役)を1名探していた。
ドニゼッティは雇用されたが、学生であるために許可を求めなければならなかった。

ベルガモの慈善協会 Congregazione di
Carità 所有
オーストリアのマリーア・ルイーザとナポレオンの婚姻を祝うために、マイルがジョヴァンニ・バッティスタ・カッラーラ・
スピネッリの詞に曲を付けたカンタータの一部。
手書きの楽譜、ドニゼッティのサインがある。

このカンタータは1810年5月10日の夜、
ベルガモのソチエタ劇場で演奏された。
ドニゼッティは合唱のコントラルトの
パートを歌った。

ベルガモの市立図書館アンジェロ・マーイ所有
ピアノのための「パストラーレ」
1813年ドニゼッティ作曲。手書きのオリジナルの楽譜。

ドニゼッティの最初の作品の一つで、おそらくクリスマスのプレゼーピオのために書かれた作品。
ベルガモの市立図書館アンジェロ・マーイ所有
 父アンドレーア・ドニゼッティが1808年
10月に息子ガエターノの名前で出した請願状。
オリジナル。

ドニゼッティの父は、ガエターノが声の点で資質が少し欠けていたことから、音楽学校より特別待遇を失わないよう、チェンバロの勉強をせめて続けることができるように請願した。
ベルガモの慈善協会 Congregazione di
Carità 所有

一覧に戻る

ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース3

サロン内 1つ目の展示ケース 裏側から見た様子 
ビアージョ・マルティーニ(1761-1840)作
ドニゼッティの肖像画。水彩。
1815年、ボローニャ。
ルイージ・ラーディチ所有
1815年10月28日
マイルによる奨学金の申請書

手書きのオリジナルの資料。

マイルは、ドニゼッティが対位法とフーガを、マッテーイ神父のもとで勉強するためにボローニャに行くことを望んでいた。
ベルガモの何人かの学術保護者のもとから資金を集めたのだが、十分ではなかった。
そのことでマイルは慈善協会に補助金を求めた。

ベルガモの慈善協会 Congregazione di
Carità 所有

一覧に戻る

ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース4

展示ケース 4
ドニゼッティ作曲。
手書きのオリジナルの楽譜。

ボローニャのフィラルモーニコ学校における、ドニゼッティの対位法の勉強に関する教材。
所有者不明。
ドニゼッティ作曲
「こだまの歌 Canzonetta con l’eco」

手書きのオリジナルの楽譜。
1817年8月27日、ボローニャ。

室内用の声楽作品で、おそらくボローニャの誰か音楽愛好家のために書かれた曲。
所有者不明。
ドニゼッティ作曲「シンフォニア」ハ長調
手書きのオリジナルの楽譜。
1816年11月24日、ボローニャ。

ランベルティーニの館で行われていた集りの、日曜コンサートのために書かれた作品。ドニゼッティが滞在していた先のトンマーゾ・マルケージが指揮をした。
所有者不明。

一覧に戻る

ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース5

展示ケース5
印刷されたバルトロメーオ・メレッリに
よる台本
《小さな名辻音楽師たち I piccoli virtuosi
ambulanti》
学生時分からドニゼッティは、マイルが
学校の年度末の修了コンサートとして作曲し、オーガナイズした喜劇作品の中で歌っていたが、勉強を終えた今、駆け出しの
作曲家として、この作品に参加している。
所有者不明。
3声のための「キリエ Kyrie」
ドニゼッティ作曲
手書きのオリジナルの楽譜、1820年
作曲?

ボローニャの勉強を終えて戻ったドニゼッティはベルガモのサンタ・マリーア・マッジョーレ教会や他の教会のために、たくさんの典礼用の曲を作った。
ベルガモの慈善協会 Congregazione di
Carità 所有。 
ドニゼッティ作曲「クレード Credo」
手書きのオリジナルの楽譜、1820年
10月18日。

アントーニオ・クワレンギと、彼を通して知り合った有名なテノールのジュゼッペ・ヴェガノーニの避暑地のアルメンノで作曲された。
ベルガモの慈善協会 Congregazione di
Carità 所有。

一覧に戻る

 

ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース6

展示ケース6
ヴァイオリンとピアノのための6つの
変奏曲の表紙
ヴァイオリンとピアノのための6つの
変奏曲
ドニゼッティ作曲
手書きのオリジナルの楽譜

この作品は、ベルガモの貴族で音楽愛好家のゼネローニに献呈された。チッタ・アルタの彼の自宅で、しばしば「音楽の夕べ」のサロンが開催されていた。師マイルを通して、ドニゼッティもそのサロンに入ることが出来た。
ドニゼッティはゼネローニのサロン「音楽の夕べ」のために、一連の四重奏曲を作曲した。展示されているこの作品の楽譜の余白に、「しばしカッラーラ学校の生徒だったドニゼッティ」という描写がある。次のページにはジュディッタ・パガニーニという女性の名前が書かれている。おそらく、バイオリン奏者アンジェロの娘で、青年
ドニゼッティの最初の女性と思われる。
所有者:不明

一覧に戻る

ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース7

展示ケース7
絹地に印刷されたリッカルディ劇場によるお知らせ(1820年)
1820年の、見本市のシーズンのプリマドンナ、カロリーナ・マーニが、プログラムにドニゼッティのアリアを挿入するだろうとある。
バルトロメーオ・メレッリ Bartolomeo
Merelli による、オペラ《ブルグントのエンリーコ Enrico di Borgogna》のリブレット。
1818年、ヴェネツィアのカザーリ社によって印刷された。
オペラ《ブルグントのエンリーコ Enrico di Borgogna》は、ドニゼッティがヴェネツィアのヴェンドラミン(現在のゴルドーニ)劇場でデビューした際の作品。
所有者:不明
バスのためのアリア
「敵への慈悲 La pietade col nemico」
自筆の楽譜 1818年?

おそらく1818年に、リッカルディ劇場の見本市のシーズンに上演された、ステーファノ・パヴェージによる《古代ゲルマン民族ケーショ》というオペラに挿入するために書かれたと思われる。
所有者:ベルナルディーノ・ザネッティ(ベルガモ)

一覧に戻る

2018年3月31日

ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース8

展示ケース8
ラッファエーレ・ダウリア Raffaele D’Auria (1799 - 1859)画
ドニゼッティの肖像画 1824年?
石版画(ナポリ)

この肖像画は若きドニゼッティがナポリにおいて
名が知られたことを証ししている。
ジョヴァンニ・ビエッティより寄贈 (1934年)
アレッサンドロ・サンクイーリコ Alessandro Sanquirico (1777 – 1849)による舞台美術画
オペラ《キアーラとセラフィーナ Chiara e Serafina》の「荒廃した広間」
カラーの石版画(ミラノ)1825年

セミセーリオのオペラ《キアーラとセラフィーナ》の第一幕・第12-20景
1822年10月にミラノのスカラ座において初演された。
ヴィルテル・トスカニーニより寄贈(1951年)
アンドレーア・レオーネ・トットラ Andrea Leone Tottolaによる台本
《アルフレード〔アルフレッド〕大王 Alfredo il Grande》
印刷 Tipografia Flautina(ナポリ)1823年

ドニゼッティが1823年7月に、ナポリのサン・カルロ劇場でデビューしたオペラ・セーリア
寄贈者不明
バルトロメーオ・メレッリ Bartolomeo Merelliおよび
ヤコポ・フェッレッティJacopo Ferrettiによる台本
《グラナダのゾライデ》
ローマのプッチネッリ社による印刷 1824年 
1822年のカーニヴァルのシーズンに、ローマのアルジェンティーナ劇場でドニゼッティが
デビューし成功を収めたオペラのセコンド・バージョン
(1824年カーニヴァルのシーズンに上演)
寄贈者不明

一覧に戻る

› 続きを読む