ドニゼッティ財団

ようこそ「ガエターノ・ドニゼッティの生家」へ
CASA NATALE DI GAETANO DONIZETTI

 ドニゼッティは、高台の街チッタ・アルタの要塞の外にあるボルゴ・カナーレ通り Via Borgo Canale 14番地の建物の地下の家で生まれ、9歳までそこで過ごしました。生家は1926年1月に国の文化財に指定されましたが、上の階にはまだ人が住んでいて、見学者もほとんど訪れることのない状態でした。
1997年にベルガモ市によるドニゼッティ財団が建物を所有・管理するようになり、2009年から大改修が急ピッチで行われ、素晴らしいドニゼッティの記念施設として生まれ変わりました。
 入口を入り、地階に降りると、雪などを貯めて使っていた貯蔵庫と井戸のある貯蔵庫、そしてドニゼッティの生まれた家があります。ドニゼッティはわずか二間の貧しい家に、両親と5人の兄弟の7人で暮らしていました。そのあまりに貧しい暮らしを綴った手紙の一文が、床に刻まれています。 上の階に上がると、フォト・ギャラリーやドニゼッティ劇場で上演されたオペラ公演の資料・記録を展示している部屋、また最近の公演のリブレットやクリティカル版の楽譜、ドニゼッティ・グッズなどの販売コーナーも設けられています。
 さらに上の階には、ドニゼッティの優れた研究家でたくさんの著書を出した、故アシュブルック氏の名前をとったコンサート用の広間とDVD鑑賞用の広間があり、毎週土曜・日曜日にはサロン・コンサートが活発に行われています。「ドニゼッティの街」として、市を挙げてのその精力的な活動はひじょうに目覚しく、「生家」はベルガモの新たな観光スポットとなっています。



ドニゼッティの生家の情報
土曜日及び日曜日開館  10:00-13:00および15:00-18:00
 月曜日-金曜日 予約による閲覧のみ
 TEL:+39‐035‐5296711(土・日)
     +39‐035‐244483(月-金)

 イタリア語による生家の案内: FONDAZIONE DONIZETTI
 (オフィシャルサイト) http://www.donizetti.org