【講演会のお知らせ】ガエターノ・ドニゼッティのロマン派における喜歌劇(2016年9月4日)

日本ロッシーニ協会の講演会は終了しました。

講演者の都合で延期させていただきました4月10日(日)の講演『ガエターノ・ドニゼッティのロマン派における喜歌劇』の開催日が、9月4日(日)に決まりました。 ドニゼッティ研究者・髙橋和恵による講演です。

題目:ガエターノ・ドニゼッティのロマン派における喜歌劇
講師:髙橋 和恵
日時:2016年9月4日(日) 13時30分(13時開場)~16時45分(終了予定)
会場:「日比谷図書文化館」4階スタジオプラス(小ホール)
アクセス:東京メトロ・丸の内線または日比谷線の「霞ヶ関駅」B2出口、千代田線の「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分。
     都営地下鉄・三田線の「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分 地図はこちら
参加費:会員とそのご家族は無料。その他の方は当日1,000円を頂戴します。

内容:
ガエターノ・ドニゼッティは、彼独自のロマン派的スタイルを確立した《アンナ・ボレーナ》(1830年)の後、不変的な「愛」をテーマにした秀作、喜歌劇《愛の妙薬》(1832年)を作曲します。それからは、叙情性とドラマ性が融合した《ルチーア》、イタリア・ロマン主義の頂点に立つ《ポリウート》など、ほとんどの作品が叙情悲劇となります。そして晩年になって、1843年の46才の時、ドニゼッティは、彼の人生最後の喜歌劇となる《ドン・パスクワーレ》を作曲します。
今回は、ドニゼッティの喜歌劇の中で、今もなお数多く上演され続けている《愛の妙薬》と《ドン・パスクワーレ》に焦点をあてて、ドニゼッティのイタリア・ロマン派におけるコミックや風刺など、彼の喜歌劇の特徴と真価までをお話します。
新しいドニゼッティ情報もお楽しみに。[講師・記]
詳細は日本ロッシーニ協会のサイトをご覧下さい。
日本ロッシーニ協会公式サイト:http://societarossiniana.jp/meeting.html