【日本ロッシーニ協会】例会の講演内容と報告(2014年4月27日)

 日本ロッシーニ協会での講演、第2回目は、『ガエターノ・ドニゼッティのオペラ《 劇場界の都合・不都合 》とロッシーニ』という題目で話しました。
 ドニゼッティのオペラ 《 劇場界の都合・不都合Le convenienze ed inconvenienze teatrali 》は、 ガエターノが当時の劇場界の人々、歌い手や台本作家、興行主たちの勝手・わがままを風刺して作曲した作品です。このオペラの中の劇中劇の部分には、ロッシーニの《 オテッロ 》の「柳の歌」が使われています。
 《劇場界の都合・不都合》を通して、まず前半は、ドニゼッティとロッシーニの関係やドニゼッティの初期のオペラ作品の傾向、そして、クリティカル版の作成経緯などを講演し、後半はオペラの解説とDVDの鑑賞をしました。
 当日使用したスライドとともに、講演内容の報告をいたします。