ドニゼッティ博物館ガイドブック(改装後) 展示ケース9

1822年 1845年

オペラ作曲家としてのキャリア期

 
アントーニオ・ベオルディ
Antonio Beordi 作
ドニゼッティの肖像画
石版画(ローマ)1827年

この肖像画は、ドニゼッティの師マイル
に献上された。

絵姿から、マイルの立派な弟子だと認識
でき、
ドニゼッティの成長の勢いが見て
取れる。

ローマのガブリエッラ・ロッカ・フラン
チーシより寄贈(1951年)
サルヴァドーレ・カンマラーノ
Salvadore Cammarano (1801 – 52) 作

「ナポリの海」
油絵

1834年に劇場詩人(台本作家)となる
前は、カンマラーノは画家であり、
舞台
美術家でもあった。彼の父親、ジュゼッペ
(1766 – 1850)は画家として
ひじょうに
有名で、ナポリの王立美術学校の教授を
務めていた。

ベルガモの市民銀行より寄贈(1988年)
ドメーニコ・ジラルドーニ
Domenico Gilardoni によるリブレット

オペラ《8ヵ月を2時間で Otto mesi in
due ore》

ナポリのシモニアーナ印刷所にて印刷

このオペラは、1827年の夏のシーズンに
おけるナポリの
ヌオーヴォ劇場のために、
ドニゼッティによって曲が付けられた。
ジョヴァンニ・シュミット
Giovanni Schmidt によるリブレット

オペラ《エルヴィーダ Elvida》
1826年、ナポリのフラウティーナ印刷所
にて印刷


1幕もののこのオペラ・セーリアは、
1826年7月6日に、ナポリのサン・カルロ
劇場での
ガラ公演のために、ドニゼッティ
によって作曲された。
この日は、女王の誕生日であった。
サルヴァドーレ・カンマラーノによる
リブレット

オペラ《カレーの包囲 L’assedio di
Calais》

1836年、ナポリのフラウティーナ印刷所
にて印刷


このオペラ・セーリアは、1836年11月
19日に、ナポリのサン・カルロ劇場での

ガラ公演のためにドニゼッティによって
作曲された。

この日は女王の聖名祝日であった。

一覧に戻る